全国での活動報告

全国での活動報告


エコ・クッキングナビゲーターさんの活動報告
とっておきのエコ・クッキングレシピご紹介します!


日ごろから、エコ・クッキングやエコスタイルに取り組んでいらっしゃるエコ・クッキングナビゲーターさんたちは、どんなレシピを考えているの?そしてどんな活動をされているのでしょうか。ご応募いただいたなかから、今月は楠本智美さんのとっておきのエコ・クッキングレシピをご紹介します。


インタビュー


編集部:今回ご紹介いただいた「ジューシーきのこハンバーグ」、旬のキノコと大根おろしに、自家製のソースをかけてさっぱりといただくハンバーグのアイデアです。すりおろしのタマネギをハンバーグに使うことで、ふっくら柔らかく仕上げるとのことですが、このアイデアはどこから生まれたのでしょうか?

楠本さん:1歳になる息子に小麦と卵のアレルギーがあって、離乳食を作るときにパン粉と卵を使わないで柔らかく仕上げることができないかな、と思い試してみたのがきっかけです。

編集部:季節の柑橘系のしぼり汁で自家製のポン酢を作るのはすてきなアイデアですね。ほかにも、こうして簡単に手作りできるソースのアイデアはありますか?

楠本さん:今回はたまたま冷蔵庫にいただき物のスダチが沢山あったので使ってみました。個人的には、おろしハンバーグにはやはり酢醤油系が合う気がします。
キノコハンバーグだと、キノコをバターで炒めて醤油で味をととのえるバター醤油もおいしいです。

しめじ

ハンバーグのバリエーションとしては、トマト系のスープやピザのソースが余ったら煮込みハンバーグにして、最後にチーズをのせてグリルで香ばしく焼き色をつけます。離乳食用にさまざまな野菜を煮込んだ野菜スープをミキサーにかけてストックしていますが、ハンバーグを焼いたあとのフライパンでこのスープを煮詰めて、大人用にバターや塩胡椒で味をととのえて使うこともあります。

編集部:レシピを考え出すときや、キッチンに立たれるとき、楠本さんが日ごろ気をつけてらっしゃるエコポイントはありますか?

楠本さん:「あるもの」で作る、食材を大切に使う、作り過ぎない、の3つでしょうか。以前は、安い食材や使いきりやすい小分けの野菜やお肉を求め、調理をするときも「ええい、使っちゃえ」という感じで使ってしまい、料理も多めに作りがちでした。今は安心できる食材を求め、少しずつ大切に使うようにしています。

編集部:エコ・クッキング以外にも、生活全体をエコで考える「エコスタイル」という大きな視点で、何か活動されていることはありますか?

楠本さん:「シンプルに丁寧に暮らす」を心がけています。
わたしは掃除や片づけが苦手なので、物を増やさないようにしていますが、子どもが産まれてからは、便利でかわいらしいものがよく目について欲しくなります。そんなときは「長い間使える物か」「何かで代用できないか」考えてみることにしています。物を増やさない=買い物をしないと本当にゴミも少ないですね。

エリンギ

物だけでなく何においてもシンプルにすると、それまでゴタゴタのなかに隠れていた時間が見つかった気がします。子どもがお昼寝をしている横で、お日さまに当てたおむつをたたんでいるときなど、大切な時間をみつけられたようで幸せです。家事と育児に専念できるこのわずかな期間を、大切に丁寧に過ごしていきたいです。

編集部:息子さんへの愛情がこもった、日々の心がけのなかから生まれた一品、すてきですね。楠本さん、ありがとうございました。


ページトップへ戻る



野菜をすりおろして使うのがポイント
ジューシーきのこハンバーグ


 

  • ジューシーきのこハンバーグ
  • エコポイント

    タマネギを炒めずに、おろすことで手軽さアップ!
    さらに、おろしタマネギは肉の臭みを取る効果も。牛乳いらずで、ふっくらジューシーなハンバーグに仕上がります。

    ハンバーグを焼いたフライパンでキノコ類を炒めることで、肉のうま味もムダなく吸い取り、さらにおいしくなります。そして、洗いものも楽チンに!

    季節に応じた柑橘類を使って、さっぱりハンバーグに。


    • 調理時間 約20分
    • エネルギー 1人当たり…275kcal
  •  

材料(4人分) 分量
合びき肉 300g

 

小さじ2/3

 

コショウ 少々

 

タマネギ 1/2コ

 

パン粉(ドライ) 1/4カップ

 

1コ

 

サラダ油 大さじ1

 

シイタケ 2コ

 

エリンギ 100g

 

シメジ、マイタケ、エノキなど 100g

 

醤油 大さじ2

 

季節の柑橘類の果汁 適量

 

ダイコン(おろす) 150g

 

大葉 4枚

 



ページトップへ戻る




作り方


下準備 0 下準備 段取りを考えて調理する使う道具は少なくため水で汚れの少ないものから洗う野菜、魚・肉の順に切る
 
調理 1 タマネギはすりおろし、パン粉と合わせます。
 
2 ボウルに合びき肉に塩とコショウを入れて粘りが出るまでよく混ぜ、1と溶きほぐした卵を加えて混ぜます。4等分にまとめて形を整えます。
 
3 キノコ類は石づきをとり、食べやすい大きさに切ります。
 
4 醤油と柑橘類の果汁を合わせます。
 
5 フライパンにサラダ油を熱し、2を蓋をして焼きます。
 
6 5を取り出し、3を炒め、塩・コショウします。同じ鍋を使いまわす
 
7 5に、6、ダイコンおろし、大葉を添えて、4をかけます。
 
片づけ 8 片づけチラシのゴミ入れを使う古布で拭いてから洗う洗う順番を考える茹で湯やため水で洗い物をする
 
紹介したレシピのおすすめポイント
タマネギを刻んで炒めて冷まして…を省いても、ふっくらジューシーなハンバーグができ上がります。
パパからの帰るメールを見てから作っても、「ただいま」と同時に「いただきまーす」が可能!

エコ・クッキングスタジオより
キノコ類はうま味を吸うので、おいしさも倍増になって最高ですね。
タマネギのすりおろしを使うという点が斬新でした。