全国での活動報告

全国での活動報告


エコ・クッキングナビゲーターさんの活動報告
とっておきのエコ・クッキングレシピご紹介します!


日ごろから、エコ・クッキングやエコスタイルに取り組んでいらっしゃるエコ・クッキングナビゲーターさんたちは、どんなレシピを考えているの?そしてどんな活動をされているのでしょうか。ご応募いただいたなかから、今月は範國有紀さんのとっておきのエコ・クッキングレシピをご紹介します。


インタビュー


編集部:今回ご紹介いただいたレシピは、「ひじきと野菜のエコおかか炒め」。ダシをとった後のカツオ節を使っています。エコ・クッキングでも、ダシをとった後のカツオ節や昆布を再利用するレシピを紹介していますが、ほかの野菜と組み合わせようと思われたきっかけはなんですか?

範國さん:

ひじき

ダシをとった後の昆布やカツオ節はもったいないので、普段からその日に作るお料理に合いそうなものはないか考えて、加えるようにしています。煮物やご飯ものに加えることが多いです。今回ひじきと合わせたのは、このレシピを考えたころに、ひじきのおかか炒めが好きでよく作っていたから。せっかくならダシをとった後の昆布とカツオ節を入れてみようと思ったのがきっかけです。

編集部:ちょっと残りがちな乾物を上手に利用されていますが、ほかにも乾物を利用するアイデアなどありますか?

範國さん:たとえば切り干し大根は煮物のイメージが強いですが、水で戻して、サラダや酢の物にしたり、かき揚げなどの天ぷらにしたりしてもおいしいです。

編集部:乾物の保存方法についてのアイデアはありますか?

範國さん:一度開封してしまった乾物は、ジッパーつきのビニール袋などの厚手の袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫で保管しています。

編集部:乾物にも賞味期限はありますから、こまめにストックをチェックして、捨ててしまうことのないようにするのも大切ですよね。

編集部:まだ残っているカツオ節などのうまみを利用するのはとてもエコなアイデアです。ほかに、料理をまったく別の料理に変身させるようなアイデアはお持ちでしょうか?

範國さん:

ニンジン

たとえば、肉じゃがを多めに作ったときには、粗くつぶし、たわら型にまとめて、パン粉などの衣をつけてコロッケにしたりします。カレーが少し余ったら牛乳を加えてカレー風味のミルクスープにするのもおすすめです。

編集部:おいしそうですね!エコ・クッキングのホームページでも、肉じゃがコロッケなどの「リフォーム」料理を紹介していますので参考にしてください。

編集部:レシピを考え出すとき、キッチンに立たれるとき、範國さんが日ごろ気をつけていらっしゃるエコポイントはありますか?

範國さん:まずお料理をはじめる前に、何をどのように作ったら時間やガスを効率よく使えるか、洗いものなどが少なくすむかなどを考え、頭や身の回りを整理してから作るようにしています。

編集部:エコ・クッキング以外にも、生活全体をエコで考える「エコスタイル」という大きな視点で、何か活動されていることはありますか?

範國さん:通勤はできるだけ自転車か徒歩にし、徒歩の際にはできるだけ道端に落ちているゴミを拾うようにしています。

編集部:自分の家と同じように、街もきれいになると気持ちがいいものですよね。買い物や通勤のときに車をやめて、徒歩や自転車にするのも、エコスタイルの一歩です。距離がある場合には、公共の乗り物を利用するようにするだけで、環境負荷が少なくすみます。暮らしのすべてのシーンでエコスタイルは実践できそうですね。

編集部:つい捨ててしまいそうなものでも、活用できる食材はたくさんあります。範國さんにご提案いただいたように、キッチンを見回して、もったいない部分はないか、おいしく食べられる部分はないか、探してみてください。範國さん、ありがとうございました。


ページトップへ戻る



ダシをとった後のもう一品
ひじきと野菜のエコおかか炒め


 

  • ひじきと野菜のエコおかか炒め
  • エコポイント

    乾物(ひじき)の上手な利用法の紹介。

    ダシをとった後のカツオ節と昆布を無駄なく利用。

    ダイコンの皮やブロッコリーの茎など捨ててしまいがちな野菜を使用してもよい。


    • 調理時間 約20分
    • エネルギー 1人当たり…114kcal
  •  

材料(4人分) 分量
ひじき(乾燥) 20g

 

ニンジン 1/3本

 

ダイコン 50g

 

油揚げ 1枚

 

ごま油 大さじ1

 

ダシをとった後のカツオ節 20g

 

ダシをとった後の昆布 10cm

 

砂糖 大さじ1

 

醤油 大さじ2

 

白ごま 適量

 



ページトップへ戻る




作り方


下準備 0 下準備 段取りを考えて調理する使う道具は少なくため水で汚れの少ないものから洗う野菜、魚・肉の順に切る
 
調理 1 ひじきは水(分量外)で戻して、水気をきっておきます。
 
2 ニンジン、ダイコン、油揚げ、昆布はそれぞれ、せん切りにします。
 
3 フライパンにごま油を熱し、カツオ節を炒め、2を加えてしんなりとしてきたら1を加えてさらに炒めます。
 
4 3に砂糖、醤油を入れて白ごまをふります。
 
片づけ 5 片づけチラシのゴミ入れを使う古布で拭いてから洗う洗う順番を考える茹で湯やため水で洗い物をする
 
紹介したレシピのおすすめポイント
ひじきは煮ないで炒めて味をつけるだけの簡単スピード調理、ひじきのシャキッと感がおいしいおかずです。
加える野菜は残りもので何を入れてもOK!! たくさん作って常備菜にすると便利です。

エコ・クッキングスタジオより
乾物を上手に利用して、フライパン1つで手軽に作れる点がよいですね。