全国での活動報告

全国での活動報告


エコ・クッキングナビゲーターさんの活動報告
とっておきのエコ・クッキングレシピご紹介します!


日ごろから、エコ・クッキングやエコスタイルに取り組んでいらっしゃるエコ・クッキングナビゲーターさんたちは、どんなレシピを考えているの?そしてどんな活動をされているのでしょうか。ご応募いただいたなかから、今月は戸島勝子さんのとっておきのエコ・クッキングレシピをご紹介します。


インタビュー


編集部:今回ご紹介いただいたレシピは、「根菜まんさい!ヘルシーサラダ 豚しゃぶの秋サラダ」です。この季節に、旬をむかえるさまざまな根菜を利用して、歯ごたえのよいサラダを考えていただきました。さて、このレシピを思いついたきっかけを教えてもらえますか?

戸島さん:

ヤマイモ

いつも、何か新しい味、新しい食感のおかずはできないかと考えていました。秋に旬をむかえるものの代表格として、根菜を使って新しいお皿ができないかと思いついたのがこのレシピです。根菜というと、どうしても煮物とか、お寿司の具のようなイメージがありますよね。気分を変えて、サラダに応用したら根菜料理の幅を広げられないかな、と思ったのもあります。

編集部:たしかに、根菜というと煮物のイメージがありますね。サラダにした場合のメリットにはどんなものがありますか?

戸島さん:根菜も、旬のときにはすごくみずみずしいんです。せっかくこんなに水分を含んでおいしそうなんだから、そのまま味わったらいいのではないかと思ってサラダにしました。みずみずしさを味わえるのがメリットと言えると思います。根菜だけではさっぱりしすぎな感じもしましたので、孫たちのリクエストに応えて、お肉を加えてボリュームのあるサラダにしました。これだけで野菜料理としても肉料理としても成り立つので、食べ盛りの孫たちには大好評です。

編集部:ドレッシングもお手製ですが、いつもタレ、ドレッシングなどは手作りされていますか?また、市販のものを買うのに比べて、どんなメリットがあるとお考えですか?

戸島さん:家族には、なるべく添加物を含まない「我が家の味」を食べさせてあげたいですよね。とくに孫たちの健康面を考えると、手作りにこだわりたいと思います。また、使う分だけ作って使いきれますので、いくつも市販のドレッシングやタレの瓶を冷蔵庫に保管する無駄もなくなります。賞味期限がきて捨ててしまうようなことを考えると、自分で作ると実はすごく経済的だ、という点も大きなメリットではないでしょうか。

編集部:ドレッシングを作ったのと同じボウルで和えて洗い物を減らす工夫をされています。同じく、洗いものを減らせるような料理のアイデアはほかにありますか?

戸島さん:今回のように、同じボウルを使いまわすと、ひとつ洗うものが減ります。また、このボウルも、お皿に盛るときにはスクレーパーでドレッシングをこそげ取るようにします。もったいないですからね。そして汚れてしまったあとには、エコウエスでふき取るようにすると、洗い物の数は減らなくても、汚れの量が違いますので、手早く洗えて手間も省けます。

編集部:豚しゃぶを作ったあとの湯で汁は、どんな料理に活用できますか?

戸島さん:十分に豚のダシがでていますので、そのままスープにできます。茹で終わったらざっと捨ててしまうのではなく、おいしさをすべていただきたいですよね。

編集部:普段、お料理をされるときに、とくに気をつけていらっしゃるエコ・クッキングのわざはありますか?水の使い方、火の使い方、ゴミの捨て方など、いくつかあげていただけますか?

戸島さん:

ヤマイモ

水の使い方で気をつけているのは、野菜の下準備をするときになるべくため洗い、まとめ洗いをすること。さきほどのエコウエスやスクレーパーの活用も、食器の汚れを少なくしてくれるので、使う洗剤も少なくてすみ、水をあまり汚しません。家族の分の食器を洗うときには、実は手洗いよりも経済的で効果的な食洗機を使っています。
火の使い方で注意しているのは、なるべく同時に調理できないかな、と工夫することと、火加減です。何気なく鍋ややかんを火にかけると、つい炎を大きくしてしまいがちですが、ちょっと気をつけてはみ出さないようにしています。
ゴミの捨て方では、とにかく生ゴミの水気をきるように心がけています。濡れたままだと運ぶのも重くなりますし、衛生的ではありませんから。こまめにまとめて捨てるようにもしています。

編集部:炎を使って調理することのよさについて、どのようにお考えですか?

戸島さん:炎が目に見えると、火加減の確認が簡単にできます。孫に調理を教えるときにも役立ちます。また、フライパンでの炒め物などのときには、炎は欠かせないものです。

編集部:今後、挑戦してみたいレシピ、ジャンルはありますか?

戸島さん: その季節ごとに、旬の食材を使ってジャムを作ってみたいです。それにあわせられるといいのですが、パン作りにも興味があります。おやつやケーキ作りにも挑戦してみたいですね。

編集部:エコ・クッキングだけでなく、暮らし全体のエコを考えるエコスタイルという観点で、普段取り組んでいらっしゃることはありますか?

戸島さん:

ヤマイモ

食材選びに関しては、国産のものにこだわる、地元でとれたものを食べる、養殖よりは天然ものを選ぶ、添加物がどれだけ入っているかチェックする、なるべく加工品よりも原材料を買うなどに気をつけています。調理するときには、お肉とお魚のバランスを考える、なるべくたくさんの野菜をとるようにする、自家製にこだわる、などですね。こうした食にまつわること以外では、せっかく四季の違いが楽しめる環境にあるのですから、それぞれの季節を感じながら暮らしたいと思っています。季節の花々を愛でたり、鳥を観察したり、小旅行にでかけるのもいいですね。「季節を感じる暮らし」は、じゅうぶん「エコスタイル」につながるのではないでしょうか。

編集部:戸島さん、ありがとうございました。また素敵なレシピを紹介してくださいね。


ページトップへ戻る



根菜まんさい!ヘルシーサラダ
豚しゃぶの秋サラダ


 

  • 豚しゃぶの秋サラダ
  • エコポイント

    旬の根菜でサラダを作る。

    ひとつのボウルでドレッシングを作り、サラダも和えて洗い物を減らす。

    豚肉の茹で汁は、スープや味噌汁に活用する。


    • 調理時間 約30分
    • エネルギー 1人当たり…197kcal
  •  

材料(4人分) 分量
豚肉(しゃぶしゃぶ用)200g

 

レンコン100g

 

ニンジン100g

 

エノキ茸100g

 

ゴボウ100g

 

紫タマネギ1/2コ

 

A 

 

粒マスタード大さじ1と1/2

 

小さじ2/3

 

コショウ少々

 

砂糖小さじ1

 

大さじ1と1/3

 

サラダ油大さじ2

 

カイワレ菜適量

 



ページトップへ戻る




作り方


下準備 0 下準備 段取りを考えて調理する使う道具は少なくため水で汚れの少ないものから洗う野菜、魚・肉の順に切る
 
調理 1 豚肉は4〜5cm長さに切って茹でます。
 
2 レンコン、ニンジンは薄い半月切り、エノキ茸は半分に切り、ゴボウはささがきにし、酢を入れた湯でさっと茹でます。
 
3 紫タマネギは薄切りにして、水にさらします。
 
4 ボウルにAを合わせてドレッシングを作り、13を混ぜ合わせて皿に盛り、半分に切ったカイワレ菜を散らします。
 
片づけ 5 片づけチラシのゴミ入れを使う古布で拭いてから洗う洗う順番を考える茹で湯やため水で洗い物をする
 
紹介したレシピのおすすめポイント
煮物に使うことが多い根菜類も、サラダにすると違った食感で、たくさん食べられます。

エコ・クッキングスタジオより
活用パターンが決まってしまいがちな根菜をサラダにするよいアイデアですね。